全ての妊婦さんの安心のために。
もっと安全な出生前診断を。
出産

産婦人科の選び方について、安心して出産するために気を付けたいこと

産婦人科の選び方 について、安心して出産するために気を付けたいこと

「もしかしたら妊娠したかも?」と思ったら考えたいのが、病院へ行くことです。安全に妊娠・出産を過ごすためには、定期的に医療機関へ通うことが欠かせません。この記事では、妊娠中に通う病院で行われることや病院の選び方のポイントについて紹介します。

出生前診断にはどんな種類があるの?
出生前診断にはどんな種類があるの? 生まれてくる赤ちゃんの3~5%は、何らかの病気をもっていると言われています。その病気は、軽いものから重篤なものまでさまざまです...

妊娠したら病院へ行こう―医療機関の種類について

妊娠したら病院へ行こう―医療機関の種類について

妊娠の可能性があることが分かったら、まずは医療機関の受診を検討しましょう。妊娠や出産で継続的に通うことになるのが、産科や産婦人科です。産科や産婦人科のある医療機関には以下のような種類があります。

総合病院

産科以外にもさまざまな診療科がある病院で、大学病院も含まれます。ベッド数は100床以上で、医師や看護師などのスタッフ数が多いのも特徴です。

総合病院のメリットは設備が充実していることです。お産で緊急事態が起こったときに、適切な処置を受けることができます。また多くの場合、小児科があるので、赤ちゃんの健康状態に問題があるときも継続して対応してもらうことが可能です。

医療処置の面でメリットがある総合病院ですが、大きい規模ならではのデメリットもあります。総合病院は患者数が多く、待ち時間が長くなることがあります。医師の数が多いので、毎回同じ医師の診察が受けられないこともあります。

産科や産婦人科の専門病院やクリニック

診療科を産科や婦人科に限定している医療機関です。医療施設の名称には基準があり、ベッド数が20床以上であれば病院、19床以下であれば診療所(クリニックまたは医院)といいます。

医師やスタッフの数が少ないため、同じ医師に継続して診療してもらいやすいメリットがあります。スタッフと顔見知りになることで、妊娠や出産に関する悩みや不安を相談しやすいでしょう。

出産時に緊急事態が起きたときに、対応しきれない可能性もあります。そのため合併症のあるハイリスク妊娠になると、途中で総合病院へ転院になるケースもあります。

助産院

医師ではなく助産師によって開業されている医療施設です。ベッド数は10床未満で小規模である特徴があります。近年の自然分娩への人気から、注目されている医療施設です。

助産院のメリットは、アットホームな雰囲気の中で、妊婦健診やお産を受けられることです。しかしお産のときに医師が立ち合わないため、緊急時に十分な対応を受けることができません。助産院での出産は、あくまで健康な経過をたどっている妊婦さんのみが対象になります。

妊娠で病院へ行くタイミングについて

妊娠の可能性が分かったとき、いつ医療機関へ行くという取り決めは特にありません。初診の目安としては、生理予定日から2週間後くらいがよいといわれており、ちょうど妊娠6週頃にあたります。

生理に遅れがあると妊娠検査薬を使用する方も多いですが、陽性になっても妊娠が確定したわけではありません。妊娠の確定は、医療機関で医師がエコー検査で胎のう(赤ちゃんのいる袋のこと)や心拍を確認してからとなります。生理予定日2週間前では、妊娠をしていてもエコー検査で胎のうが確認できないこともあります。

また、妊娠検査薬だけで妊娠を判断すると、子宮外妊娠などの異常妊娠かどうかをみることができません。安全な妊娠生活を送っていくためにも、妊娠の可能性が分かったら、医療機関へ行きましょう。

妊娠で病院へ―初診ですること

妊娠で病院へ―初診ですること

妊娠のために医療機関へ行く場合、初診で何を行うか気になっている人もいるかもしれません。ここでは、妊娠時の初診で行うことについてみていきます。

問診

問診では、医師がこれまでの妊娠とお産の回数について質問します(中絶や流産を含む)。お産の経験がある場合は、分娩方法(経腟分娩または帝王切開のいずれか)を確認します。

また検査により妊娠兆候がみられる場合は、前回の生理開始日から妊娠週数を計算します。最後の生理の時期が分からない場合も、胎児の大きさからおよその妊娠週数を判断します。

エコー検査(超音波検査)

お腹や膣内に器具を当てて、超音波を照射します。妊娠5~6週になると、エコー検査により胎のうやおなかの赤ちゃんの心拍を確認することができます。そのほかにも、子宮筋腫や卵巣に異常がないかを確認します。

尿検査

市販の妊娠検査薬と同じように、医療機関の産婦人科でも尿検査を行います。尿検査では、妊娠時に分泌が増えるホルモン(hCG)が尿中にどのくらい含まれているかみます。

医療機関によっては、エコー検査で胎のうや心拍を確認できなかった場合に限り、尿検査を行うところもあります。

子宮頸がん検査

多くの医療機関では、一定期間子宮頸がん検査を受けていない女性に対して、子宮頸がん検査を行っています。子宮頸がんの3%は、妊娠中に発見されます。

検査は膣に専用のブラシを挿入して、子宮の入り口をこすって細胞を採取します。強い痛みを感じることはありませんが、不快を感じることがあります。

このように、妊娠時の初診でもいくつかの検査が行われます。妊娠のために医療機関へはじめて受ける場合は、着替えやすい服装で行くようにしましょう。正常な妊娠の確認は自費になるので、現金で1~2万円程度用意しておくと安心です。

妊娠中の病院の選び方のポイント

妊娠中の病院の選び方のポイント

妊娠中に通う医療機関を決めるにあたって、どこにしようか迷っている人も多いでしょう。近年では、テレビや雑誌を通して、さまざまな出産スタイルが紹介されています。以下のポイントを参考にして、自分に合った病院を選んでみてください。

通いやすい医療機関を選ぶ

妊娠をしたら、妊婦健診のため継続的に医療機関へ通う必要があります。妊娠中は心身の変化が訪れるので、体調が万全でないこともしばしばあります。妊娠中に通う医療機関は、自宅から近いところや交通アクセスが良いところを選ぶようにしましょう。

病院の特徴や分娩方法を確認する

妊娠中に通う医療機関には種類があり、施設によってもお産時の対応が異なることがあります。分娩スタイルや夫の立ち合い出産など、自分の希望するお産ができるかどうかも確認しましょう。妊婦さんの健康状態によっては助産院でのお産が難しいケースもあります。

病院の評判を参考にする

妊娠中に通う医療機関は、院内の雰囲気やスタッフの対応など、合う合わないがあるかもしれません。特にはじめての妊娠の場合、不安や悩みを抱えやすいものです。知り合いの先輩ママの話やインターネット上の評判などを参考に、自分に合った医療機関を選ぶのもよいでしょう。

院内見学をする

産婦人科によっては、妊婦さんに向けて病院見学を行っているところもあります。病院見学では、院内の雰囲気やスタッフの対応についてもみることができます。気になる施設が院内見学を実施している場合は、参加してみるとよいでしょう。院内見学の日時は、他の妊婦さんの分娩予定によっても変わるので、よく確認することが大切です。

まとめ

妊娠中に通う病院は、お産まで定期的に通う必要があるため、通いやすい施設を選ぶことが大切です。分娩スタイルだけでなく、院内の雰囲気やスタッフの対応もできる範囲で確認して、自分に合った病院選びをしてみてください。

参考:
産婦人科診療ガイドライン

妊娠から出産までの赤ちゃんの成長
妊娠から出産までの赤ちゃんの成長 精子と卵子が受精し、受精卵となってから子宮へ移動し子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。そこから胎児は目覚ましいスピードで...
ABOUT ME
原明子
国立大学で看護学を学び資格を取得し、卒業後は都内の総合病院に勤務。 海外医療ボランティアの経験もあり。 現在は結婚・子育てのため、医療や健康分野を中心にライター・編集者として活動中。 学歴 2005年 国立大学看護学部卒業 取得資格 看護師、保健師
新型出生前診断はこちら
次世代 胎児性別鑑定