全ての妊婦さんの安心のために。
もっと安全な出生前診断を。
用語集

二分脊椎

二分脊椎とは

二分脊椎は、脊柱の閉鎖に欠陥が生じた状態のことをいいます。

妊娠中の葉酸低値によりリスクが増大するといわれるが、原因は不明で多因子遺伝といわれる。無症状の場合もあれば、下位に重度の神経機能障害を生じる場合もあります。

開放性二分脊椎は超音波検査による出生前診断が可能であり、母体血清中または羊水中α-フェトプロテイン濃度の高値からも示唆されます。

典型例では、出生後に背部に病変を見ることができます。通常、治療法は手術となります。

運動麻痺、知覚麻痺、水頭症、膀胱直腸障害に対し小児科、脳神経外科、泌尿器科、整形外科、リハビリテーション科など多数の科がかかわる必要があります。

麻痺の程度は、全く歩けない子から、走ったりでき、ほとんど支障のない子までさまざまです。

ABOUT ME
DNA先端医療株式会社
DNA先端医療株式会社
2018年より遺伝子・ゲノム解析関連への広い視野と国際的情報収集及び先進的情報解析能力を駆使したサービスを提供。中でも新型出生前診断(NIPT)に注力。
新型出生前診断はこちら