全ての妊婦さんの安心のために。
もっと安全な出生前診断を。
用語集

サラセミア

サラセミアとは

サラセミアは、遺伝的に赤血球の形状が変化してしまう病気です。

日本人ではβサラセミアは1,000人に1人程度と言われており、軽度の場合は軽い貧血症状程度しか現れないため、自分がサラセミアであることに気が付かない場合も多いようです。

健康な人の赤血球は、中にくぼみのある円盤状をしているのに対し、サラセミアを発症している人の場合はアーチェリーのような標的赤血球が出現します。

サラセミアの多くは軽症型であり、溶血の症状を見ることは少なく治療の必要はありません。

一方、重症型では継続的に輸血などの治療が行われますが、根本的な治療法としては骨髄移植が必要となります。

ABOUT ME
DNA先端医療株式会社
DNA先端医療株式会社
2018年より遺伝子・ゲノム解析関連への広い視野と国際的情報収集及び先進的情報解析能力を駆使したサービスを提供。中でも新型出生前診断(NIPT)に注力。
新型出生前診断はこちら