全ての妊婦さんの安心のために。
もっと安全な出生前診断を。
用語集

気管支肺異形成症(BPD)

気管支肺異形成症(BPD)とは

人工呼吸器(肺に出入りする空気の流れを補助する機械)を長期間使用したり、長期の酸素投与によって引き起こされます。

多くの場合、非常に未熟な状態で生まれた乳児、重い肺の病気がある乳児、長期間の人工呼吸器もしくは酸素投与を必要とした乳児、または肺胞の発達が不十分な乳児に起こります。

タバコの煙、室内暖房器具などにさらされないようにする必要があり、配慮が必要です。治療では、必要に応じて人工呼吸器で酸素を投与し、十分な栄養補給を行い、必要であれば他の薬剤を投与します。気管支肺異形成症(BPD)は、非常に未熟で(発生37週より前に)生まれ、重度の肺疾患(呼吸窮迫症候群など)のある乳児で最もよくみられる慢性肺疾患です。

ABOUT ME
DNA先端医療株式会社
DNA先端医療株式会社
2018年より遺伝子・ゲノム解析関連への広い視野と国際的情報収集及び先進的情報解析能力を駆使したサービスを提供。中でも新型出生前診断(NIPT)に注力。
新型出生前診断はこちら